冬支度 2

タイミングが合うと、夕方お風呂に行く途中、猫の散歩とすれ違う。

そう、犬じゃなくて猫なのだ。

猫が、ちゃんとハーネスをつけて飼い主の女性と散歩している。

完全に、自分を犬だと思っているのだろうか。

じろじろ見ると、何かおかしい? って感じでキーッと睨む。

今日も、猫の散歩に遭遇した。

 

先週、今週と、立て続けに味噌を仕込んでいる。

一年中味噌は仕込んで平気だけど、これから寒くなるこの時期に仕込むのは、確かに理にかなっているのかもしれない。

夏の始め頃に仕込もうとして麹を探したら、なかなか見つからなくて困った。

寒仕込みというくらいで、この時期に仕込めば、麹も手に入りやすい。

 

大豆を煮る時は、水に浸して戻すのではなく、軽く洗った豆をドボンと熱湯に沈めてしまう。

そして、自然に冷まして時間を置く。

豆もふっくらするし、加熱する時間も短くて済む。

もう何回やったかわからないくらい味噌を仕込んでいるので、分量も頭に入っている。

こんな簡単なのになぁ。

わたしにはもはや、味噌を買うという発想自体がなくなってしまった。

 

一度、ものすごく悲しい気持ちで味噌を仕込んだことがある。

その味噌からは、見事にカビが生えてびっくりした。

やっぱり、わたしの体から何かマイナスの波動のようなものが出て、それが大豆と麹に伝わったとしか思えない。

だから絶対に、味噌は心が晴れている時に仕込まなくてはいけないのだと、学んだのだった。

 

空が晴れてカラッとしている日は、絶好の味噌仕込み日和だ。

心も体も、健やかで朗らかな時に、味噌を作るのがいい。

きっと、この秋に仕込んだ味噌は美味しくできるだろう。

そういうのは、味見をしなくても、だいたい直感でわかってしまうものだ。

完成が楽しみ。