「気合」

日に日に状況が深刻になってきて、一週間前のベルリンの輝きが幻のようになってしまいました。

雰囲気が一気に変わったのは、メルケルさんのテレビ演説があってから。

人々に深刻さが伝わったようで、本当に今まで経験したことがないような事態が起きているのを実感します。

今日あたりから、ほとんどのお店が閉まり、外を歩く人もまばらになりました。

徹底ぶりは、日本とは比較にならないほど。やる時やはやる、というドイツ人の気質を大いに見せつけられました。

この光景は、一見クリスマスに近いけれど、似て非なるもの。

人々の心から醸し出される平和な雰囲気とは真逆の、重苦しい空気が張り詰めています。しかもそれが、いつまで続くのかわからないという漠然とした不安は、はかりしれません。

何よりも恐ろしく感じるのは地下鉄で、人が乗っていないし、治安が悪くなっているのを肌で感じます。

警察官も、至るところでパトロールしていますし。

そんな中でペンギンとゆりねに会えたのは、不幸中の幸いだったかもしれません。

ペンギンの体調のことを考えても、予定を早めて正解でした。少しは、役に立ったんじゃないかと思います。

今日は、ペンギンを見送りにテーゲル空港に行ってきました。

いつも通り、オニギラーズを作ってあげました。

こんな状況下で離れ離れになるのはものすごく不安ですが、こんな時だからこそ、気を引きしめて、気合で乗り切らなきゃと思っています。

今日からは、わたしがゆりねを守らなくてはいけません。

それにしても、メルケルさんの演説、日本語訳を読みましたが、冷静さの中にも人々への愛があふれていて、素晴らしいリーダーだなぁ、と改めて思いました。

3月11日の東日本大震災の時もそうでしたが、日常というのは、失ってみて初めて、ありがたみが身にしみますね。