もも、もも、もも

山形から、三種類の桃が届いた。

一つは黄桃、一つは柔らかくならず硬いまま食べるハードタイプ、一つは熟すと柔らかくなるタイプ。

桃尻とは、よく言ったものだなぁ。

桃って、見ているだけで癒される。

かわいくて、しかも、おいしい。

 

何度も香りをかいで完熟具合を確かめながら、今日食べるべきひとつを選ぶのが日課になった。

スーッと、指で皮がむけるのがベストだ。

そうやって皮をむいていると、なんだか下着を脱がしているような色っぽい気分になる。

桃は、本当にセクシーだ。

そのまま食べるのもいいのだけど、わたしは年に一度の楽しみとして、桃のクリームサンドを作る。

今日がその日。

ヨガの帰り、バス停前のパン屋さんからぶどうパンを買ってきた。

フルーツサンドには、普通の食パンより、どうしてもぶどうパンを使いたくなる。

 

ぶどうパンの表面には、一晩水切りをしておいたヨーグルトを塗った。

最近お気に入りの、蒜山のヨーグルト。

初めは、こう書いて「ひるぜん」と読むことも知らなかった。

この蒜山のヨーグルトが、濃厚で、すごくおいしい。

それを、バターのように表面に薄く塗っておく。

そうすれば、桃の果汁がパンに染み込むのを防いでくれる。

 

その上に硬く泡だてた生クリームを塗り、桃をのせてパンで挟んだら、桃のクリームサンドができる。

それを、しばし冷蔵庫で寝かせれば、完成だ。

残った生クリームは、卵の黄身と砂糖と合わせて、アイスクリームに。

これにも、桃を入れてみた。

今、冷凍庫で休んでいる。

 

今日のおやつは桃のクリームサンド、明日のおやつは桃のアイスクリーム。