おトイレ事情

昨日から、黒豆を預かっている。

今までに二回わが家に来たことはあっても、黒豆だけが単独で長くいるのは初めてのこと。

黒豆にとっては、犬生初のホームステイだ。

まだ生まれて数ヶ月の黒豆(オス)と、6歳を過ぎたゆりね(メス)の同居。

しかも黒豆は去勢をしていないので、少年真っ盛り。

わかっていたことではあるけれど、本当にエネルギーの全てが性欲に向かっている様子で、文字通りゆりねのお尻を追いかけ回している。

前回まではまだ、ゆりねの方が体が大きかったからいいけど、もう黒豆の方が体格がよく、しかも身体が強いので、さすがに好きにさせておくわけにもいかない。

同じ空間にいるとずっとこうなので、二匹は基本、別々の部屋に置いている。

性格も正反対で、本当に同じ犬なのだろうか、と疑いたくなるほど。

黒豆は、とにかくじっとしていない。

活動的で、しかもビビリもビビリの小心者だ。

散歩に行くと、人、自転車、車、みんなに向かって行こうとするから、怖くて仕方がない。

体力が有り余っているから、黒豆だけ1日2回お散歩に連れ出す。

黒豆を見ていたら、いかにゆりねが温和な性格かがよーくわかった。

このボーッとした性格に、随分わたしは助けられている。

そうそう、面白い発見をした。

黒豆はオスだけど、しゃがんでおしっこをする。

その方がありがたい。

片足を上げる癖がつくと、家でもいろんなところにマーキングをしかねない。

一方のゆりねは、メスなのだけど、散歩中は、なぜか片足を上げておしっこをする。

マーキング、なのかな?

人間の男の人も、最近は立ってではなく、座っておしっこをする人が増えているという。

わたしもそれに、大賛成だ。

男の人と同じトイレを使うと、汚れがすごく気になってしまう。

ドイツにいて感心したのは、トイレがとても清潔だということ。

汚したら自分できれいにする、という習慣が、子どもの頃から徹底されているのだと思う。

それから較べると、日本の男性は、トイレは誰かが綺麗にしてくれるもの、と勝手に思い込んでいるんじゃないだろうか。

子どもの頃は母親が、結婚してからは奥さんが、トイレ掃除をするものだと、それが当たり前になっているのではないかしら?

これには、本当にいい加減にしてほしい。

子どものうちから、トイレ掃除の習慣を身につけておくことは、生きてく上で、とっても大事だと思うんですけど。

ゆりねも黒豆も、トイレシートでする方が慣れているらしく、お散歩の時はあんまりしない。

それにしても黒豆は、クマに似ている。

歯もめちゃくちゃ鋭くて、ちょっと怖い。