ペンギンと暮らす

旅支度

2019.05.16 Thu

明日からイタリアに行くので、今日は一日、旅支度をするのに忙しかった。
今回は、ボローニャへ。
ボローニャ大学で行われる NIPPOP というイベントにゲスト参加するのだ。
ボローニャは、大好きな田舎のレストランに行く時にそこからタクシーに乗るので駅は何度も降りたことがあるのだけど、町を歩いたことはなく、初めてだ。
どんな町なのだろう。
ベルリンからボローニャまでは、飛行機で一時間ちょっと。

毎回悩むのは、ベルリンからのお土産を何にしようか、ということで、日本に帰る場合はいろいろ思い浮かぶのだけど、さて、同じヨーロッパ内でのお土産となると、なかなか厳しい。
何人かに聞き取り調査してみたら、バウムクーヘンとか、お茶とか、チョコレートという声が多かった。
その中で、断然マジパン! というアドバイスがあり、どうやらベルリンに、めちゃくちゃおいしいマジパン専門店があるらしいのだ。
ということで、今回はマジパンをお土産にすることに決めた。

ゆりねの散歩も兼ねて、西側のマジパン屋さんまで、てくてく。
でも私自身が、まだマジパンのことをよく理解していない。
クリスマスに食べるドイツ菓子のシュトレンにはマジパンが入っていて、確かにおいしいのだけど、果たしてあれだけをモリモリ食べるというのはどうなんだろう? というのが正直なところ。
でも、おいしいものをよーく熟知している先輩が、マジパンを薦めてくれたのだから、きっとおいしいに違いない。
もちろん自分用にも買ってみることを楽しみにして、昨日から、どのタイミングで食べようか、お茶は何にしようか、などと想像を巡らしていた。

ところが、お店に行ったらやっていない。
ちょうど臨時休業に重なってしまい、マジパンは外からショーケースに並んでいるのを見るだけになってしまった。
せっかくわざわざ西側まで出向いたのに、しょんぼり。

気を取直して、もうひとつ、マジパンをチョコで包んだお菓子を売っている店を思い出し、今度はその店を目指してテクテク。
ところが、なんとこっちは別のチョコレート屋さんに変わっていた。
2軒連続で振られてしまった。

結局、いつも行くお茶屋さんで、日本茶をゲットした。
それから、近所のチョコレート屋さんの生トリュフも、少々。
イタリアにもおいしいチョコレートはたくさんあるし、向こうの方が本場なのにチョコをお土産にするというのもどうかと思うけど、今回はマジパン屋さんがお休みだったので、仕方がない。
日本へのお土産では、よくドイツパンを持って帰るのだけど、イタリアの人はきっとイタリアのパンが好きだろうし、ソーセージやサラミだって向こうにもおいしいのが山ほどあるし、やっぱり難しい。
バウムクーヘンは、日本では一般的だけれど、おそらくヨーロッパの人は知らない。
ドイツ人でも知らない、っていうんだから。
それに、バウムクーヘンがおいしいのは、ドイツより日本だ。

そんな訳で、お土産を買いに行ったつもりが、ゆりねの長い散歩になってしまった。
そして家に戻ってから、ボローニャのことをあれこれ調べたり、なんだか一日バタバタしていた。
丸一日フリーの日があるので、その日はフィレンツェに行ってこようと思っている。

それにしても、ここ最近、パスタばっかり食べている。
明日からパスタ三昧だというのも、今夜もパスタだった。
里芋と豚ひき肉を使ったショートパスタ。

1DFCF1C4-8442-428C-A397-70482592EDA0

パスタって、本当においしいし、飽きない。
明日から、全部の食事をパスタにしたいくらいだ。

4泊5日の短い旅だけど、その間家を開けるとなると、冷蔵庫を一旦空っぽにしたり、鉢植えで育てているネギを刈り取ったり、洗濯したり、植物に水をあげたり、やることがたくさんある。
ちょっとしたリセットというか、区切りになるから、いいんだけど。

ボローニャ大学でのNIPPOPは、今週の金土日です。
サイン会もしますよー。