ペンギンと暮らす

寒空の下

2018.02.16 Fri

今日は金曜日で、近所の広場にマルクト(青空市)が立つ。
ペンギン、どうしても焼き魚が食べたいというので、お昼、おにぎりとお醤油を持参し、マルクトへ。
途中のお菓子屋さんで、食後のお菓子もゲットする。

ほぼ、一番乗りだった。
冬でも皆さん、夏場ほどではないにせよ、マルクトで食事をしている。
サバの丸焼きを頼んで待っていたら、焼き魚屋さんのご主人が、待っている間に飲んてみて、と試食用のフィッシュスープをくれた。
トマト味がきいていて、おいしい。
ペンギンは、隣のトルコ総菜店からトルコ料理のおかずを買ってきた。
久しぶりの鯖の丸焼き。
おにぎりとお醤油を持ってきて大正解だった。

5E0CE27E-0ADC-4332-8975-462BF64B6A2E

それにしても、寒い。
さっきまで湯気を立てていたはずの料理が、みるみる冷たくなっていく。
最近ますます食いしん坊度が増しているゆりねは、自分にもよこせ、とビョンビョン飛び跳ねる。
あんまりうるさいので、少し離れたところの木に繋いだら、魚屋さんの方をジーっとうらめしそうに見つめていた。
その後ろ姿が、めちゃめちゃかわいかった。

C00843BE-F49A-4AD1-908E-E12BE47AE89D

食欲に火がついたらしいペンギンは、魚とお惣菜を食べた後、お口直し(?)に、ソーセージもつまんでいる。

69A117D7-2638-46E7-891C-304A62132ED2

確かに美味しいけど。
私は、いつものコーヒー屋台でカプチーノを買い、どうしようもないほど好きになってしまったフランス菓子屋さんのカヌレを頬張る。
ペンギンが選んだクイニーアマンも、サクッとしていて、かなり上出来。

CF799770-2888-4F9C-97BF-631308F75413

最後に、八百屋さんでロメインレタスとネギを買って、早々に帰宅した。
さすがに、ずっと外にいるとどんどん体が冷えてくる。

今日は夜、お客様なのだ。
だいぶ遅くなってしまったけれど、新年会ということで、昨日から張り切って料理している。
メニューは、こんな感じ。

築地の塩辛
かんぴょう(ワサビを添えて)
茶碗蒸し
お揚げとじゃが芋の炊き合わせ
サクサクおこげ
身欠きニシン
ゼンマイのお浸し、オリーブオイルがけ
牛肉の酒粕漬け
ロメインレタス
お蕎麦のペペロンチーノ

ペンギンが日本からいろんな食材を持ってきてくれたおかげで、今、料理脳が活性化している。
やっぱり料理は楽しいなぁ。

身欠きニシンは、一部を、自家製の味噌に漬けてニシン味噌を作った。
あと少し寝かせれば、完成する。
ご飯にのせて食べてもいいし、お酒のアテにもいい。
自家製味噌は、私だけの錯覚ではなく、ペンギンにも大好評だ。
ただ、美味しいのでどんどんなくなっていくのがちょっと悩ましい。