ペンギンと暮らす

キラキラ&ミトン

2017.10.23 Mon

先週末、ベルリンに届けられた『キラキラ共和国』。
できた〜!!!
嬉しいなぁ。
今まで、続編という形で物語を書いたことはなかったんだけど、今回は初の試みで、『ツバキ文具店』の続編。
『ツバキ文具店』を書いてから、本当にたくさんのお手紙を頂戴した。
読者カードもたくさんいただいたけれど、それ以上にお手紙が多かった。
正直、そういう形で読者の方と繋がれるとは予想していなかったので、本当に嬉しいギフトだった。

その中で、続編を書いてください、という声がとても多かった。
自分でも、続きを書いてみたいな、と思っていたので、背中を押してもらった感じ。
再び自分も鎌倉暮らしを疑似体験できて、幸せだった。
前作は、鳩子を巡る緩やかなご近所づきあいがメインだったので、今回は鳩子のプライベートの部分に焦点を当てた。
25日くらいから、店頭に並ぶはずです。

4F12E361-07E8-42E8-B3DA-8CBF9A5112C2

もちろん、今回も装画はしゅんしゅんさん、中の手書き文字は萱谷恵子さん。
全く同じメンバーで仕事ができるというのもまた、とても幸せなことだった。

そして、ほぼ同じ時期に刊行となる『ミ・ト・ン』の方も、先週、見本が完成した。

9C0C0453-B1B7-4BDB-9DB1-94E6C7C36AB5

こちらもまた、長い時間をかけてようやく形になった、思い出深い作品だ。
舞台となるルップマイゼ共和国のモデルは、ラトビア。
装画を担当したイラストレーターの平澤まりこさんとは、全部で3回、ラトビアの旅をご一緒した。
ふだんの小説では体現できないようなとても凝った装丁になっているので、今回はぜひ、それも楽しんでいただけたら嬉しい。

『ミ・ト・ン』の刊行を記念して、手紙舎さんで、お話会をすることになりました。
詳細は、こちらです。
期間中、私と平澤まりこさんが、ラトビアの民芸市で選んだラトビアの手仕事も販売まれますので、こちらにもぜひ足を運んでくださいね!!!

【『ミ・ト・ン』刊行記念 ラトビアおみやげ話】
出演者:小川糸、平澤まりこ 聞き手:森下訓子(白泉社)
日時:2017年11月3日(金・祝)17:45開場/18:30開演
会場:本とコーヒーtegamisha
料金:2000円(税込・1drink別途)
申込み:以下サイトにて10/22(日)12:00より受付開始

https://coubic.com/tegamisha/191821

◎小川糸・平澤まりこ『ミ・ト・ン』出版記念フェア&原画展
会期:2017年10月31日(火)- 11月26日(日)*月曜定休(祝日の場合は翌日休)
営業時間:12:00~20:00(土日祝モーニング8:00〜)
場所:本とコーヒーtegamisha(東京都調布市菊野台1-17-5 1F)
tel :042-440-3477(本とコーヒー)

昨日は、少し遠出をして、ゆりねとシュラハテンゼーへ。
湖の周りに遊歩道があって、そこを歩いて一周してきた。
紅葉がものすごく綺麗で、どこを見てもうっとりしてしまう。
晩秋のヨーロッパも、なかなか素敵だ。
湖の周りを一周すると、一時間半くらい。
ゆりねには距離が長かったみたいで、今日はぐっすり眠っている。

614834C9-9E26-4A0B-94B3-AE6B7B552F87

今度はお弁当でも持っていって、たっぷり一日、湖畔で過ごすのもいいかもしれない。
湖の水が、とてもきれいだった。
『ミ・ト・ン』にも湖のシーンがあって、私のとても好きな場面。
読んでいただけたら、嬉しいです!