ペンギンと暮らす

手前味噌

2018.01.21 Sun

仕込んでから3ヶ月くらいで食べられるようになると聞いていたけれど、年が明けてから、すでに味噌のいい香りがしてきたので、開けることにした。
暖かい場所に置いていたから、発酵が早く進んだのかもしれない。
途中で一回、ガスが出ていたのでガス抜きはしたけれど、カビは全く生えなかった。
大豆の茹で汁をほとんど加えず、水分をなるべく入れないで仕込んだのが良かったのかもしれない。

ドキドキしながら味見をしてみると、ちゃんとお味噌になっていた!
しかも、めちゃくちゃ美味しい。
やったー、大成功。
これで、手前味噌が食べられる。

大きい容器に入れて仕込む、とかいろいろやり方はあるけれど、私は今回、ジッパー付きの袋に入れて仕込んでいた。
結果としては、これがすごくやりやすかったように思う。
空気が入らないようにするのも楽だったし、途中でガス抜きする時も、少しジッパーを動かしてそこから抜けばいいだけだから、簡単だった。
カビが生えてしまうのは、空気に触れるから。
だから、なるべく空気に触れないような環境を作ってあげればいいのだ。

72317B72-967C-45AD-B0FB-894E85D11792

私は今回、わりと大きめの袋にまとめて入れてしまったのだけど、次からは小さめの袋に小分けして仕込もうと思っている。
というのは、その方が扱いやすいし、上下を入れ替えたりするのも簡単。
使いたい量だけ出せるから、便利だ。
大きい袋に詰めていた分は、瓶などに小分けにした。
少しずつ、友だちに分けてあげよう。

C402CBDF-9106-41AD-8A3A-14A6EA286AEC

昨日はさっそく、人参を蒸し煮にして、手前味噌とオリーブオイルをかけていただいた。
毎週金曜日のマルクトに店を出す八百屋さんの人参が、すごく美味しい。
間引き人参なのか、大きさがバラバラなんだけど、新鮮で、茹でるとほんのり甘くなる。
見つけるとつい買ってしまうので、最近、人参ばかり食べている。
味噌とオリーブオイルは、とても相性がいい。

今回は、麦麹と米麹、両方同じ量だけ仕込んだ。
味にそれほどの違いはなく、どっちも甲乙つけがたい。
でも、気持ち麦の方が好きかな。
次回は麦麹だけで作ってもいいかもしれない。

現在、東京で一人暮らし中のペンギンは、料理に目覚めたらしく、毎日、自分で作った料理の写真をせっせと私に送ってくる。
確かに、どれもおいしそう。

私の方はというと、外に出るのは寒いし、私も同じようにせっせと自炊している。
冬ごもりなので、食べているのはもっぱら日本の乾物類。
だから、とても健康的な食生活だ。
昼間カフェには行くけれど、晩ご飯を外食するのは、週に1回くらいだ。
夏は外へ、冬は内へ。
ほんと、この振り幅がベルリン流だ。

ただ、焼き餃子には苦戦している。
冷凍餃子がうまく焼けなくて、目下、4連敗中。
初めて焼いた時にうまく焼けすぎて、なーんだ、簡単じゃないの、と油断したのがいけなかった。
ビギナーズラックには、注意しなくちゃいけない。
果たして、次はうまく焼けるかな?

そうそう、うれしいニュースがひとつあります。
『キラキラ共和国』が、2017年の本屋大賞にノミネートされました!
ノミネートされるのは、去年に続いて、2年連続です。
素直に喜んでいる私。
手前味噌ですみませんが。

4835EF4D-3002-4F52-9F58-A82714CA7CCA

土曜日の朝の光が、とても綺麗だった。
先日、花屋さんで買ってきた球根から出てきたのは、母が大好きな淡いピンクのヒヤシンス。
そろそろ、春が待ち遠しい。

前の記事へ